最新情報

トップページ > 最新情報 > 「八王子市生ごみ資源化モデル事業」がスタートしました

「八王子市生ごみ資源化モデル事業」がスタートしました

2022年10月 7日 14:09

 八王子市では、各家庭からでる生ごみは可燃ごみとして焼却処理されていますが、ごみ減

量・資源化を推進するため、生ごみのみを分別回収し、たい肥にリサイクルする「生ごみ資源

化モデル事業」がスタートしました。


 モデル事業は令和4年10月から令和5年3月まで、当センター周辺地域にお住まいで、

本モデル事業に申し込まれた約100世帯を対象に実施されます。

 資源化は当センターで実施し、約4か月かけて、たい肥へとリサイクルします。

 10月4日に第1回目の受入れがあり、参加された各家庭でしっかりと分別された1週間

分の生ごみが回収され、当センターに搬入されました。

                       抗酸化バケツに入れて生ごみを出します 

                  

                        収集車が各家庭から集めて当センターに搬入します