お電話でのお問い合わせ

0120-12-4070

メールでのお問い合わせはこちら

お見積もりのご依頼はこちら

  • 施設視察のお申込み
  • お客様の声
  • スタッフブログ

よくあるご質問

トップページ > よくあるご質問

この施設はどのような施設ですか?
よくあるお問い合わせ一覧へ

(仮称)八王子市バイオマス・エコンセターは、生ごみ等食品残渣と剪定枝を原料として処理し、堆肥を製造するためのリサイクル工場です。

具体的な処理の工程を教えてください。
よくあるお問い合わせ一覧へ

持ち込まれた原料を、臭気対策が施された複数台の受入ホッパーに投入します。このとき、事業系廃棄物のうち、ビニール袋やポリ袋などの混入が多い原料は、まず分別機に投入し、原料とそれ以外とを分別したのちに投入します。投入された原料は特許技術の加圧混練装置のオズマニック装置に運び込まれ、ここで生ごみ等食品残渣と副資材である剪定枝を細かくしたものが混ぜ合わされ、水分率の調整や嫌気性菌の不活性化と好気性菌の活性化処理が行われます。オズマニック装置から発酵槽に運び、農林水産省が定める堆肥の発酵基準に沿って温度・時間を管理し、堆肥となった製品を袋詰めし、出荷します。

施設の稼働時間はどれくらいですか?
よくあるお問い合わせ一覧へ

月曜から土曜の朝8時から17時までです。

建物の規模はどれくらいですか?
よくあるお問い合わせ一覧へ

敷地面積は9,219.34㎡で、建物の延床面積は5,574.13㎡です。

周辺の交通量は増加するのですか?
よくあるお問い合わせ一覧へ

1日最大40台分程度(出入り往復で80台程度)の収集車両が出入りします。実施済みの生活環境影響調査によると、あの辺りの通りは1日2300台以上の車が行き交っていますので、2300台のうちの80台=約3%程度が増える程度なので、渋滞を引き起こすほどの影響はありません。ただし、収集運搬事業者に対する道路安全上の法規則遵守の徹底、工場への搬出入ルートの計画等は、近隣の皆様にご迷惑をお掛けしないよう、事前に調整する予定です。

施設の視察はできますか?
よくあるお問い合わせ一覧へ

はい可能です。事前に視察のお申込みをお願いします。
お申込み・お問合わせはこちら

原料はどこから持ち込まれるのですか?
よくあるお問い合わせ一覧へ

主に八王子市の飲食店等の生ごみ等食品残渣および学校給食、食品工場等の生ごみ等食品残渣と、公園や街路樹などの剪定枝が、収集運搬事業者の収集車によって持ち込まれます。

処理対象以外のゴミが混入する恐れはありませんか?
よくあるお問い合わせ一覧へ

原料回収時の異物混入に備えて、原料受入口で分別機を配しています。分別機でビニール類や金属類などの異物を分別し、原料にできるものだけを次の処理工程に運びます。除去された異物は廃棄物として適正処理されます。

悪臭は発生しませんか?
よくあるお問い合わせ一覧へ

特許技術であるオズマニック方式を採用しますため、処理後の悪臭はほとんど発生しません。ただし、即日処理するとはいえ、少なくとも生ごみ等食品残渣の投入口付近は、処理前の生ごみが数時間滞留します。この対策のために、投入口付近は二重シャッターとし、また、ホッパーには密閉型のフタを配します。更に、臭気の漏れに備えて、脱臭機を設置して脱臭処理を行います。また、脱臭機による脱臭処理は、発酵槽からの堆肥臭も対象とすることで、メイン施設であるA棟全体を脱臭することになります。これらの対策により、東京都環境確保条例の基準値に抑えられることが確認できています。

排水は発生しませんか?
よくあるお問い合わせ一覧へ

生ゴミの含水率は一般的に90%ですが、副資材である乾燥した剪定枝・オガコと混練することで好気性発酵にちょうど良い水分率に調整を行います。よって堆肥製造過程においては、排水は発生しません。ただし、受入ホッパー周辺の日々の清掃水および脱臭機から出る露水が若干発生しますので、これらの排水は、排水処理設備を通って東京都の下水放流基準以下に処理したあと下水放流されます。

騒音・振動は発生しませんか?
よくあるお問い合わせ一覧へ

環境影響調査を実施いたしましたが、周辺地域へ悪影響を及ぼす騒音・振動は発生しません。もっとも振動が強い剪定枝破砕機には、振動防止機能(ゴムクローラー)が装備されていますので大きな影響はありません。

有害物質などは発生しませんか?
よくあるお問い合わせ一覧へ

焼却施設とは異なり、処理対象物である生ごみ等食品残渣と剪定枝から好気性発酵を促し堆肥を製造するためだけの施設であるため、大気に影響を及ぼす有害ガスの発生はありません。

放射性物質への対応はどのようにしていますか?
よくあるお問い合わせ一覧へ

非常に深刻かつ重要な問題であるため、十分に対策を施す必要があると考えています。本施設で製造する堆肥の原料は、学校給食や飲食店の生ごみ等食品残渣と、公園や街路樹等の剪定枝です。今後、計測器の導入など、国の方針に従って準備を行い、これらの基準を遵守し、守られない場合は規定に沿って堆肥の出荷を停止するなどの処置を行うことになります。その他、受入時、処理(堆肥化)後の放射線量の計測など、今後の国の方針が定まり次第、それに沿った対策を施すことになります。

その他安全管理は行き届いていますか?
よくあるお問い合わせ一覧へ

本施設は事務所棟の湯沸し室以外での火気使用は一切ありませんが、屋内消火栓、自動火災報知機のほか、防火水40トン槽を設けてあります。また、工場等はすべて耐火および準耐火建物としており、夜間は、警備会社による監視を行っております。