ごあいさつ

トップページ > 企業情報 > ごあいさつ

代表からのメッセージ

「生ごみをただ捨てるなんてモッタイナイ。捨てずにリサイクルをすれば、焼却処理すべき可燃ごみが減って、そのついでにCO2も減らすことができるのではないだろうか。」

2008年頃、そんな期待を抱いた私は、日本のごみ処理の現状を調べました。一向に減らないごみの排出量、寿命を迎える多くの焼却場、もう余力がない埋立処分場。さまざまな調査が私に示したのは、"危機感"でした。「もうこのままではダメ。将来の子供達のためにも、よりよい環境を取り戻す努力を今すぐ始めなければ、明るい未来はやってこない。」私はそう確信しました。

このことをきっかけに、地球や地域社会のために貢献するような事業を立ち上げたいと考えた私たちは、"人が排出する資源(=生ごみ等食品残渣)と公園や道路の剪定枝"を対象にしたリサイクル事業を立ち上げることを決意しました。

生ごみ等食品残渣と剪定枝のリサイクルは、可燃ごみの絶対量を大幅に減らすことができます。同時に、燃焼処理の際に消費していた化石燃料の使用量を減らすことにも繋がり、その結果としてCO2排出量の削減効果も大きく期待できます。

私たちは、自身の想いを乗せたこの事業を通じて、未来の子供達のための地球環境の保全に貢献し、このような取り組みを広く認知させることで地域の産業振興、地域活性化に貢献していきたいと考えています。

今後ともご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

株式会社イズミ環境 代表取締役 松山政治